北海道苫小牧の株式会社Zen(ゼン)では、環境にやさしい空気清浄エコパネルゼナックを開発した苫小牧発のベンチャー企業です。

ZENACとは

ZENACの更なる特色をご紹介いたします

01 ZENACが誕生するまで

複合炭素材(多孔性焼成体)とは?

ZENACは、未使用資源としての間伐材や松、杉、ヒノキ等の製材端材を有効活用しています。その間伐材・製材端材を3~5mmのチップに粉砕し、無機系添加剤(セラミックパウダー等)を配合し、釡内温度1350°C以上の自燃式の特殊連続炭化炉で焼成することにより、様々な効果が得られる全く新しい炭化物、「炭」でも「活性炭」でもない複合炭素材「ZENAC」が誕生します。

[ ZENACの成分 ]

検出成分 C 炭素 Si シリカ Al アルミナ Ca カルシウム Fe 鉄 K カリウム Mg マグネシウム Na ナトリウム Ti チタン その他
割合(%) 95.9 2.64 0.634 0.284 0.188 0.115 0.109 0.0434 0.0281 0.0565

02 カーボン・シンクの一つ、ZENAC

樹木は大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収し、酸素を出すことは良く知られていますが、それは樹木内で二酸化炭素を セルロースの形で固定することで大きく成長します。つまり、樹木の乾燥重量の50%は炭素(C)の重さであり、それは全て大気中から吸収したCO2由来であることが知られています。
一方で、その樹木を伐採して燃やしたり、放置され樹木が腐ると、蓄積された炭素は再び酸素と結合し、二酸化炭素を排出します。それは建材、或いは紙として製造され 、消費された際も同様です。
ZENACは間伐材等を複合炭素材として、炭化しておりますので、樹木中の炭素を固定化するばかりか、森林育成にも大きく寄与します。
更にZENACは消臭・調湿・防音・VOC対策などの効果を電気を使用せずに得られ 、使用後は地中に埋め、炭素を土中に固定化、土壌改良材として使用することで、次なる樹木の育成に寄与し、二酸化炭素の削減に貢献します。

ZENACは樹木のCO2固定化のチカラを長期間に亘り実現!

ホルムアルデヒドを代表例とするVOCは、シックハウス症候群の原因の一つと言われ 、人体に悪影響を及ぼす物質として様々な法規制がされています。
しかし法律で規制されている特定物質以外であっても体に変調をきたすこともあり、またVOCは家具や家電製品などからも検出されています。
目に見えず、また大人より子ども、乳幼児より胎児に悪影響が出ると言われるVOC被害から家族を守り、健康・安全な居住空間、 室内環境を作りあげるためにZENACは極めて有効です。

【一般社団法人 化学物質評価研究機構 検査データ】

【地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 検査データ】

04 4大悪臭を吸収分解し、家庭の嫌な臭いを和らげます

日常生活の中で気になる臭いはありませんか?
悪臭防止法では、生活環境を損なう悪臭物質として22物質を挙げていますが、中でも代表的なアンモニア、硫化水素、メチルメル カプタン、トリメチルアミンが、4大悪臭と言われています。
ZENACは4大悪臭にも極めて高い効果を上げていますので、生活の中で発生する嫌な臭いもグングン吸収・分解します。

05 湿度を快適にコントロールし、優れた吸音効果も魅力です

ZENACは室内の空気中湿度が高くなると湿気をグングン吸収し、逆に乾燥状態になると、内部にたっぷり蓄えた水分を優しく放散する性質があります。
呼吸するように、湿気を吸収&放散、ZENACの微細な孔がポイントです。

湿気を吸収して、ダニやカビの対策にも有効です。

室内湿度が80%以上、温度25~30°Cになると、高温多湿でダニやカビが繁殖しやすい環境と湿度なりますが、ZENACの吸湿効果により湿度(%)を下げ、ダニ・カビの繁殖を抑制します。

●試験方法:
密封された、湿度80% 22.5ℓの空気をポンプを用いて、5ℓ/分でZENACを通して循環させる。
●試験結果:
10分後には湿度65%で安定。
●試験機関:
(財) 岐阜県公衆衛生検査センター

ZENACには内部にまで広がるナノレベルの微細な孔が、無数に空いているので、音エネルギーを吸収し、遮音・防音効果が得られます。
下記の試験のように、ZENACは防音専用材(ロックウール)同等の効果が確認されていることから、間仕切り壁やドアはもちろん、使用環境が変化しても利用可能なパーティション、つい立等でもご利用ください。

ZENAC吸音試験結果(90mm)

試験方法:
日本建築総合試験所 音響試験施設内の垂直入射吸音測定器を用い、JIS A1405-2に基づく吸音試験を行った。
試  料:
ZENACを壁、ドア、パーティション内に詰め込んだ事を想定し、ZENAC単体と袋入りの双方で測定した。
試験結果:
袋に入った状態では、円筒管の内部に不規則な空間が発生するため、単体との差異が発生したが、周波数全域に亘って、吸音効果があることが確認された。
試験機関:
日本建築総合試験所

※左記データは実測値であり保証値ではありません。
現場における設置後の遮音性能については、設置状況(天井・壁・床等)により変化します。

TOP